BLOGTIMES
2019/10/08

Windows の Chrome Driver を自動アップデートする

  selenium  windows10 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Selenium を使って Chrome を動かすときに困るのが ChromeDriver の管理。

ChromeDriver と Chrome はバージョンが合っていないと、プログラムの起動時にエラーを吐いてしまうので、Linux 環境では webdrivermanager を使って ChromeDriver を自動的にアップデートするようにしましたが、Windows 上でもっとお手軽にできる方法が見つかったのでメモ。

以下のエントリにある、PowerShell で書かれたスクリプトを使います。

プログラムで変更すべき箇所は3行目の以下の部分。
chromedriver.exe を配置するディレクトリをアップデート用の ps1 が置かれたディレクトリからの相対パスで記載します。

$chromeDriverRelativeDir = "Selenium"

webdrivermanager は Java で書かれているので、もちろん Windows 上でも動作します。
ただ、このスクリプトは PowerShell なので Java 等をインストールする必要がなく Windows 10 でそのまま実行できるところがいいですね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11270
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン