BLOGTIMES
2019/04/21

放医研の一般公開 2019 に行ってきた

  chiba  研究機関  社会科見学  科学技術週間  放医研 
このエントリーをはてなブックマークに追加

正門 - 放医研の一般公開 2019 に行ってきたPET シンチレーター - 放医研の一般公開 2019 に行ってきた
体表面汚染モニタ - 放医研の一般公開 2019 に行ってきた中性子線サーベイメーター - 放医研の一般公開 2019 に行ってきた
安定ヨウ素剤 - 放医研の一般公開 2019 に行ってきたプルシアンブルー剤 - 放医研の一般公開 2019 に行ってきた
プラズマ封じ込め実演 - 放医研の一般公開 2019 に行ってきた壁の向こうは照射室 - 放医研の一般公開 2019 に行ってきた
重粒子線治療装置 回転ガントリー照射室 - 放医研の一般公開 2019 に行ってきた重粒子線治療装置 回転ガントリー - 放医研の一般公開 2019 に行ってきた

久しぶりに放医研の一般公開に出かけてみました。

前回と研究所名のプレートが変わっていますが、組織変更で量子科学技術研究開発機構(QST)に組み込まれたからのようです。緊急被ばく医療支援チーム (REMAT)の救急車などにも QST のロゴが入っています。

分子イメージング・画像診断棟では PET についての仕組みやシンチレーターについてわかりやすく説明してもらえました。実際にシンチレーターは手に取らせてもらいましたが、ガラスの塊のようなものなので意外と重さがあります。鬱病についても研究しているようですが、その調査の過程で分かった「日本人の 78% は平均よりも優れていると錯覚している」という話が印象的でした。

重粒子線ガン治療装置 HIMAC については、以前公開されていた旧型の照射室は現在は使われなくなっているようです。今回は垂直、水平方向以外からも照射できる回転ガントリー照射室と、その後ろにある大きな回転ガントリー装置も公開されていました。


    こんな記事もあります 「ガン治療 シンチレーター 回転ガントリー
    放医研一般公開 2015 にいってきた(線量計と緊急被曝医療編)
    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10911
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン