BLOGTIMES
2019/05/13

現状で一番安い 10GbE スイッチは CRS305-1G-4S+IN

  10GbE  networking 
このエントリーをはてなブックマークに追加

MikroTik CRS305-1G 4S +で

MikroTik CRS305-1G という製品が面白そうだったのでメモ。
SFP+ が 4 ポートと GbE が 1 ポートという構成でファンレス筐体、定価はなんと $149です。

EdgeRouter X のようなカスタマイズができるスイッチというか、ルーターですね。

10GbE の機材は消費電力や価格の面でまだ家庭に導入するのが難しいところがありますが、これならば射程圏に入ってくるのではないでしょうか。

搭載されているのは SFP+ ポートなので、実際に動かすためには対応したトランシーバーやダイレクトアタッチケーブル (DAC) を別途購入する必要があります。また、CPU が値段なりの能力しかないので、大きなな負荷がかかる所には向いていないと思われます。そんなわけで、プロ向けではないけれど、素人には難しすぎるという、正直狙っているところがよく分からないマニアックな一品になっていると思います。

MikroTik Routers and Wireless - Products: CRS305-1G-4S+IN

The CRS305 is a compact yet very powerful switch, featuring four SFP+ ports, for up to 10 Gbit per port. The device has a 1 Gbit copper ethernet port for management access and two DC jacks for power redundancy. The device is a very sleek and compact metallic case without any fans, for silent operation.


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10960
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン