BLOGTIMES
2019/07/28

相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で

  inheritance  etax 
このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税の納付期限が迫ってきたので、電子納税の手順を再確認。
国税庁のウェブにあるように登録方式を使えば所得税のように e-Tax + Pay-easy(ペイジー) でいけるようです。

登録方式による納税手続|e-Tax

登録方式では、全税目の納税が可能です。また、本税に加えて、附帯税(加算税、延滞税等)についても、電子納税が可能です。

Pay-easy を使う場合に銀行のサイトで必要になるのは以下の4つ。

  1. 収納機関番号
  2. 納付番号
  3. 確認番号
  4. 納付区分

このうち、収納機関番号は00200(国税)と決め打ちですが、これ以外の3つを取得する必要があります。

少々ややこしいのは、前述のの3つは e-Tax ではそれぞれ以下に対応しているということでしょうか。

  1. 納付番号 → 利用者識別番号
  2. 確認番号 → 納税用確認番号
  3. 納付区分 → 納付区分番号

これらの番号は e-Tax で納付情報登録を登録すると、メッセージボックスに通知されてくる仕組みになっているようです。

実際の納付情報登録の流れは以下の通り。

  1. e-Tax Web版を開く
    e-Tax Web版 - 相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で
  2. e-Tax Web版へのログイン
    ログイン - 相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で
  3. 申告・申請・納税を選択
    申告・申請・納税 - 相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で
  4. 新規作成を選択
    新規作成 - 相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で
  5. 納付情報登録依頼を選択
    納付情報登録依頼 - 相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で
  6. 新規に納付登録情報依頼を作成する
    新規に納付登録情報依頼を作成する - 相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で
  7. 税目の入力
    税目の入力 - 相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で
  8. 提出先税務署等の入力
    提出先税務署等の入力 - 相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で
  9. 納付額の入力
    納付額の入力 - 相続税も e-Tax + Pay-easy の合わせ技で
  10. 納付情報を登録
  11. メッセージボックスの受信通知から納付区分番号等を確認

誰が設計しているのか分かりませんが、e-Tax はあいかわらずイケてない感が満載ですね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11114
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン