BLOGTIMES
2020/01/25

PoE でラズパイを動かす

  raspberrypi  poe 
このエントリーをはてなブックマークに追加

UCTRONICS PoEスプリッタギガビット5V - Raspberry Pi 3B +へのマイクロUSB電源およびイーサネット、エコードットでの動作、ほとんどのマイクロUSBセキュリティカメラおよびタブレット - IEEE 802.3af準?

ラズパイの GPIO に干渉せずにもっと手軽に PoE 対応できるものがないかと思ったら、簡易なスプリッタが販売されていました。

IoT 用途に本気でラズパイを使おうと思うと、電源の確保が問題になります。そんなときに一番お手軽なのが、Ethernet 経由で電源を供給できる PoE です。最近は専用の HAT (GPIOに接続するボード)も発売されていますが、GPIO を塞いでしまうので、GPIO でモーターやセンサーの制御を行っている場合には不適です。しかも、値段が張るので、ヘタをするとラズパイ本体がもう一つ買えてしまいます。

HAT などではなく、こういうやつをリファレンスで用意すべきだとおもうんですよね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11505
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン