BLOGTIMES
2020/02/09

Ryzen は標準で fTPM が使える?

  amd  PCパーツ  bitlocker  ryzen 
このエントリーをはてなブックマークに追加

UEFI AMD fTPM 設定 - Ryzen は標準で fTPM が使える?
BitLocker ドライブ暗号化 - Ryzen は標準で fTPM が使える?

Ryzen が入った PC の UEFI BIOS の画面を確認していたら fTPM(Firmware TPM) が有効にできることに気づきました。

法人向けの PC を想定して設計されている Ryzen PRO には GuardMI Technology というものがあり、ここに Firmware TPM が含まれているのは知ってたのですが、普通の Ryzen に Firmware TPM が含まれていることは AMD のサイトには記載されていないようです。

TPM があれば、BitLocker ドライブ暗号化が使える

これがあると何が便利になるのか?ということですが、端的に言うと USB メモリなどの追加のデバイスなしで BitLocker ドライブ暗号化 が使えるということでしょうか。
HDD の暗号化をかけておけば、廃棄の時などの手間や不安も少なくできます

BitLocker ドライブ暗号化の注意点

ちなみに、BitLocker を有効にした場合には回復キーのバックアップを確実に行っておきましょう。もし、TPM が壊れたりした場合にはドライブを読み書き可能にするために回復モードで 48 桁の数字を入力する必要があり、これができないとドライブの内容は永久に回復することができなくなります。

加えて BIOS のアップデートなどの際には、事前に保護の中断の設定をする必要があることにも注意が必要です。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11534
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン