BLOGTIMES
2020/12/29

iDRAC6 のリモートコンソールを簡単に起動できるようにする

  idrac  dell 
このエントリーをはてなブックマークに追加

iDRAC 6 - iDRAC6 のリモートコンソールを簡単に起動できるようにする

ちょっと古めの DELL のサーバを使っていると iDRAC のリモートコンソールが Java Web Start(.jnlp)になっていることがありますが、現在の Java では Web Start は廃止されているので、そのままではリモートコンソールを起動させることができません。

というわけで、Windows 10 でウェブ画面を経由せずにリモートコンソールを起動させる方法を調べてみました。

作成したスクリプト

今回作成したスクリプトは setup.batstart-virtual-console.bat の2つ。
前者はコンソールを起動させるために必要となる avctKVM.jar と avctKVMIO.dll をサーバから取得するためもので、後者は実際にコンソールを起動させるためのもの。
動作させるためには 7-zip や、JRE6 *1が別途必要になります。

setup.bat

@echo off set /P drachost="Host: " curl "http://%drachost%/software/avctKVM.jar" -O '.\avctKVM.jar' curl "http://%drachost%/software/avctKVMIOWin32.jar" -O '.\avctKVMIOWin32.jar' "C:\Program Files\7-Zip\7z.exe" e avctKVMIOWin32.jar -oc:lib *.dll -r

start-virtual-console.bat

@echo off set /P drachost="Host: " set /p dracuser="Username: " set "psCommand=powershell -Command "$pword = read-host 'Enter Password' -AsSecureString ; ^ $BSTR=[System.Runtime.InteropServices.Marshal]::SecureStringToBSTR($pword); ^ [System.Runtime.InteropServices.Marshal]::PtrToStringAuto($BSTR)"" for /f "usebackq delims=" %%p in (`%psCommand%`) do set dracpwd=%%p C:\pleiades\java\6\jre\bin\java -cp avctKVM.jar -Djava.library.path=.\lib com.avocent.idrac.kvm.Main ip=%drachost% kmport=5900 vport=5900 user=%dracuser% passwd=%dracpwd% apcp=1 version=2 vmprivilege=true "helpurl=https://%drachost%:443/help/contents.html"

参考

  • *1: start-virtual-console.bat の C:\pleiades\java\6\jre\bin\java をインストールした JRE6 へのパスに書き換えてください。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12199
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン