BLOGTIMES
2007/11/19

信頼度成長曲線をExcelで書く

  testing  excel 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとバグの発生件数から信頼度成長曲線を書かないといけない用事ができたので、いろいろ探してみたらExcelでパラメータを推定してグラフが書けるツールを見つけました。

SRATS: Software Reliability Assessment Tool on Spreadsheet Software

SRATS (Software Reliability Assessment Tool on Spreadsheet Software) は,ソフトウェアの品質を高めるために作られたテスト工程管理支援ツールです.

大学で作られているものみたいですが、やっぱりちゃんとこうやって自分で実際に動かしてみることができる*1ものっていいですね。自分もそういう研究をやっていきたいなと思ったのでした。

  • *1: 文献に出てくるシステムが自分で動かせることはあまりないので。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/2288
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン