BLOGTIMES
2012/07/15

FastCopy をコマンドラインから使う

  cli  bat 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows でのファイルの同期には FastCopy を使っています。
基本的には GUI ツールなので、起動して設定を入力してから実行ボタンを押す必要があるのですが、コマンドラインからオプションを指定してバッチとして実行できる*1ことがわかったので、これを使ってNASへのバックアップを組んでみました。

backup_using_fastcopy.bat

"C:\Program Files\FastCopy\fastcopy.exe" /cmd=diff /speed=autoslow /auto_close "D:\path\to\data\dir" "D:\path\to\another\data\dir" /to="\\servername\path\to\dir\"

このスクリプトを走らせるといちいち設定を入力することなくフォルダのバックアップが気軽にできるのでいいですね。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5092
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン