BLOGTIMES
2013/06/20

Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

  ssd  intel  tutorial 
このエントリーをはてなブックマークに追加

SANWA SUPPLY SATA-USB3.0変換ケーブル USB-CVIDE3True Image 2013 Plus by Acronis 製品版

Intel の SSD を買った場合、Intel Data Migration Softwareというデータ移行用のソフトを使って自分のディスクの内容を OS も含めて完全にコピーすることができます。

実はこれ、何を隠そう僕も何度もお世話になった Acronis True Image の OEM 版で、Intel の SSD が接続されている時にだけ利用できるという制限がついたものなので、安心してデータ移行が任せられます。同じような方式が WD でも Acronis True Image WD Edition Software*1 として採用されています。

使い方については「インテル® SSD 新規導入時のデータ移行ツール」に Step by Step の説明がありますが、僕がやった結果についてまとめておきます。この作業に必要なものは USB<->SATA変換ケーブル、もしくは外付け HDD ケースだけです。

注意点

以下のディスクの移行作業は合計で数時間単位の時間がかかります。
また、Intel® Data Migration Software は縮小変換に対応していないので、コピー先の方がディスクの容量が小さい場合には移行できないことに注意してください。

準備

インテルのダウンロードセンターから Intel® Data Migration Software のインストーラーを入手します。
各国語版が用意されているので、日本語のものを探してください。

新しい SSD を USB ケーブルで(もしくは、外付けSSDケースに入れて)、PC と接続します。
フォーマット等を実行する必要はありません。これで移行の準備が完了しました。

Intel® Data Migration Software のインストール

ダウンロードしたインストーラーを起動します。
インストーラー - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

ライセンスが表示されるので、同意して進みます。
ここにアクロニスの名前がありますね。
EULA - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

インストール先を選択します。通常、変更する必要はないはずです。
インストール先の選択 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

インストールの最終確認です。そのまま次に進みます。
インストールの確認 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

インストールが始まるので、プログレスバーが延びきるまで待ちます。
インストール中の様子 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

これでインストールは完了です。
インストール完了 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

Intel® Data Migration Software による移行

Intel® Data Migration Software を起動して移行の設定を行います。
起動するとユーザー登録画面が現れますが、「後で登録する」をクリックするとスキップできます。
ユーザー登録 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

メイン画面が現れるので、右上にある「開始」をクリックします。
メイン画面 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

ディスククローンの作成ウィザードが始まります。
このクローンモードの選択はなにも分からない場合にはそのまま「自動」で進んでも問題ありませんが、僕はパーティションを設定したかったので「手動」にしました。
クローンモードの選択 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

ソース(移行元)ディスクを選択して、先に進みます。
新しい SSD を初期化していない場合、このリストには表示されません。
ソースディスクの選択 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

ターゲットディスク(移行先)を選択して、先に進みます。
新しい SSD を初期化していない場合、下記のように「未初期化」と表示されます。
また、ソースとして選択したディスクはグレー表示で選択できないようになります。
ターゲットディスクの選択 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

データ移行方法の選択になるので、今回は「手動」を選択しました。
パーティションについてよくわからない場合は「移行先にあわせる」で問題ありません。
データ移行方法の選択 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

ディスクレイアウト(パーティション)の変更画面になるので、パーティションのサイズを好みに合わせて変更します。
ディスクレイアウトの変更 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

データ移行の最終確認が出るので、内容を確認して次に進みます。
ディスク移行の確認 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

データの移行が始まりますが、すぐに再起動を促すポップアップが表示されるので、マシンを再起動します。
再起動すると、普通の Windows が起動画面が出ませんが驚かないでください。
データ移行中 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする再起動を促すポップアップ - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

データの転送

ここからはスクリーンショットが取れないので、デジカメで。
再起動すると、Windows の起動画面ではなく、アクロニスのロゴが表示されて移行が始まります。
起動時の Acronis ロゴ画面 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

少し待つと、データ移行の準備中の画面が出ます。
データ移行準備中 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

その後、データ転送が始まります。プログレスバーが延びきるまでしばらく待ちます。
今回は SSD 同士の移行なので 30 分くらいでおわりましたが、片方が HDD の場合は数時間単位で時間がかります
データ転送中 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

プログレスバーが延びきると、データ移行の完了画面が出ます。
データ移行の完了 - Intel Data Migration Software を使って SSD へのデータ移行をする

ここでシャットダウンを押して、一旦マシンの電源を切ります。

新ディスク (SSD) からの起動

USB <-> SATA 変換ケーブルに接続されているSSD を取り外し、ノートパソコンの内蔵ディスクと交換します。

交換が済んだら、パソコンを起動します。うまく移行が完了していれば普通に Windows が起動するはずです。
起動時にもデータ移行に伴う後処理が実行されるため、「システムを起動しています」のメッセージが表示されたまま、数十分から数時間待たされます。
ちょっと不安になりますが、電源を切ったりせずに辛抱強く待ちます。

後処理が完了するとWindows のログオン画面、もしくはデスクトップが表示されるので、これですべての作業は完了です。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5895
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン