BLOGTIMES
2013/09/24

ESXi 5.1 でファイアーウォール設定が保存されないときは

  esxi 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ESXi 5.0 の F/W 設定に穴を開ける方法ESXi 5.1u1 でも依然として健在ですが、仕様が変わりリブートすると設定が消えてしまうようになってしまったようです。

これをなんとかする方法はないかと思っていろいろと調べてみたところ、VMWare のナレッジベースに「VMware KB: ユーザー定義 XML ファイアウォール構成は、ESXi ホストの再起動後に維持されません」というそのものズバリな回答がありました。

やり方としては適当な場所に F/W 用の xml ファイルを保存しておいて、rc.local 内で起動時に設定ファイルをコピーして読み込ませればよいみたいです。ナレッジベースでは /etc/rc.local を直接編集しろと書いてありますが、どうやらこのファイルは編集不可のようなので、代わりに /etc/rc.local.d/local.sh を編集しました。xml ファイルは共有ドライブに置いておくとホストごとの設定の手間が少なくできますね。

--- /etc/rc.local.d/local.sh.org +++ /etc/rc.local.d/local.sh @@ -9,4 +9,7 @@ # upgrading. Changes are not supported unless under direction of # VMware support. +cp /path/to/smtp.xml /etc/vmware/firewall +esxcli network firewall refresh + exit 0

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6160
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン