BLOGTIMES
2014/08/14

Windows 8.1 のウィンドウの縁を狭くする

  windows8 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 8 にしてから、どうもウィンドウの縁が太いのが気になっていたので、調整する方法がないかどうか調べてみました。Windows 7 まではコントロールパネルに調整するための画面があったようですが、Windows 8になって削除されてしまったようです。幸いにも設定が書き込まれるレジストリのエントリは生きているようなので、そこを書き換えれば良いみたいです。

具体的には HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetricsPaddedBorderWidth という DWORD の値を調整します。初期値は -60 で -150(最太) ~ 0(最細) の間で設定できます。0 にするとかなり画面がすっきりしますね。参考までに標準(-60) と 最細 (0) の比較を載せておきます。

PaddedBorderWidth=-60 - Windows 8.1 のウィンドウの縁を狭くする PaddedBorderWidth=0 - Windows 8.1 のウィンドウの縁を狭くする

Windowsスマートチューニング (207) Win 8編: ウィンドウフレームのボーダーラインサイズを変更する | マイナビニュース

このように文字列値「PaddedBorderWidth」で設定できるデータ値は「0」がもっとも細く、「-150」がもっとも太くなります。初期値は「-60」ですので、お好みに応じて調整してください。

自己責任ですが、レジストリに一撃で登録したい場合は下記をどうぞ。
適用したらいったんログアウトして再ログインする必要があります。

cmd /c reg add "HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics" /v PaddedBorderWidth /t REG_DWORD /d 0 /f

太さは /d 0 の部分を好みによって変更してください。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6929
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン