BLOGTIMES
2005/03/21

デースケドガー7回目公演

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ド「ど?も?、まいどデースケドガーで?す」
ダ「ど?も?、って。
  誰だ!貴様??!」
ド「え?!?何を急に言い出すのさ。もう3ヶ月目に突入じゃない?」
ダ「ドーガくんはそんな悪そうな鎧は着てない!槍だって違うし。このニセモノが!!」

ド「ひどいなぁ。今回は活躍したんで、他の馬乗りたちを押しのけて、ジェネラルに昇格させてもらったんだよ。あと、ご褒美の鋼のやりもね」
ダ「いや、きっとドーガくんは先の戦いで還らぬ人となったに違いない。これからはピン芸人としてやっていかねば」
ド「も?、疑り深いなぁ。ほら、顔を見れば分かるでしょ(といって兜を外す)」
ダ「誰?」
ド「え??!!!??」
ダ「いや、俺そもそもドーガくんの顔しらねーわ」
ド「ひ、ひど?い」
ダ「ま、それは置いといて、だ。ジェネラルっつったね。ドーガくん」
ド「そ、それが何か?」
ダ「今度こそ、デースケドガー軍曹を、いや、ドーガくんが軍曹だからむしろデースケ軍曹計画が!!」
ド「計画?」
ダ「あれですよ、大小色とりどりのデースケたちが、中学生(特に女子)とあれやこれやくんずほぐれつ的なことがあったりなかったりな状態でイカガか?」
ド「いや、イカガか?じゃなくってさ。色々突っ込みたいんだけど」
ダ「を、自分の仕事を思い出した?さぁ、突っ込みカモン」
ド「まずね、(ふぅっ、一呼吸)そんな中途半端な知識で語るとケロロファンが黙って無いぞ!」
ダ「失礼な!アニメは1回チラッと見たし、原作も読んだぞ!1話」
ド「も?なにを言っていいやら」
ダ「ちなみに、なんか忍者の女の子が、里が解散して街で暮らしてるんだけど、里時代の姉的な人に助けてもらう奴」
ド「知らないよ。で、もう一個致命的なんだけど、軍曹はサージェントね。」
ダ「うぐぅ」
ド「ジェネラルは将軍だから、デースケ将軍になっちゃうね」
ダ「じゃあ、地獄の断頭台でもマスターするか♪」
ド「も?い?加減にしなさい!」

※次回、「デースケドガー8回目公演」へつづく。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/738
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン