BLOGTIMES
2016/01/08

mdadm でパーティションのサイズを拡張する

  mdadm 
このエントリーをはてなブックマークに追加

md で管理している RAID1 のディスク残量が少なくなってきたので、HDD を容量が大きなものに2本とも交換してみました。当たり前ですが、冗長性を回復させただけでは拡大した分の容量を使うことはできません。これはパーティションが元のサイズのままであることが原因なので、パーティションを拡張して、ファイルシステムにもそれを知らせてやる必要があります。あまりやらない操作なので忘れないうちにやり方をメモ。

ディスクの交換からリビルドは通常の故障の時と変わりないので省略。
実際にパーティションを拡張して、FS のリサイズを行うのは以下の2行で OK です。

mdadm --grow /dev/md0 --size=max resize2fs -p /dev/md0

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8183
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン