BLOGTIMES
2021/03/07

ESXi 上から perccli を使って仮想ドライブを作る

  esxi  dell  megaraid 
このエントリーをはてなブックマークに追加

DELL のサーバについている純正 RAID カードは PERC(PowerEdge RAID Controller)という名前がついていますが、中身は MegaRAID なので DELL から各プラットフォームに対応した純正のコマンドラインツールが公開されています。最近の PERC は純正と同じ MegaCLI というユーティリティを使うようになっていますが、一昔前の PERC を使うためには perccli というツールを使用する必要があります。

PowerEdge RAIDコントローラ(PERC)コマンド・ライン・インタフェース(CLI)ユーティリティを使用してRAIDコントローラを管理する方法 | Dell 日本

PERCシリーズ8以降のシリーズでは、PERCCLIがMegaCLIに代わりました。お使いのPERCコントローラのシリーズを確認する場合は、「Dell EMCシステムのPowerEdge RAIDコントローラ(PERC)タイプのリスト」を参照してください。

今回は VMWare ESXi 上から PERC の設定を行いたかったので、以下からダウンロードしてインストールをしてみました。

実際にディスクの情報を表示して、仮想ドライブを作ってみる

最近の PERC には HBA モードがあるので、ディスクは RAID カードに繋ぐだけで認識できますが、今回の対象の PERC H710P
は HBA モードがないので、必ず仮想ドライブを作成してやる必要があります。

作業にあたっては、まず以下のような感じで RAID カードの情報を表示させます。
たくさん情報が表示されますが、必要なのは PD LIST :と書かれた部分です。
未構成のディスクはUGoodというStateになっているので、その業の一番左側の値(この場合は32:0)を覚えておきます。

# /opt/lsi/perccli/perccli /call show ・・・・・・・・・・・・ PD LIST : ======= ---------------------------------------------------------------------------- EID:Slt DID State DG Size Intf Med SED PI SeSz Model Sp ---------------------------------------------------------------------------- 32:0 0 UGood - 1.818 TB SATA SSD Y N 512B CT2000MX500SSD1 U ---------------------------------------------------------------------------- ・・・・・・・・・・・・

あとは以下のような感じで新しく仮想ボリュームを定義してやるだけです。
drive=のパラーメーターには先ほど覚えておいた値を渡してやれば OK です。

# /opt/lsi/perccli/perccli /c0 add vd type=raid0 drive=32:0 ra wt direct strip=256 Controller = 0 Status = Success Description = Add VD Succeeded

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12334
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン