BLOGTIMES
2016/01/12

Solaris 10 や 11 に新しめのソフトをインストールする

  solaris 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと古めの Solaris でどうしても新しい rsync が使いたかったので、上手い方法はなにかないかと思ったら OpenCSW というプロジェクトを見つけました。

About ≫ OpenCSW Solaris packages

OpenCSW (pronounced open-cashew /ˈkæʃuː/) is an easy to use open source software distribution installable on top of Solaris and Solaris-based systems. OpenCSW is a community project dedicated to working closely with upstream projects to improve portability of open source software.

導入方法はGetting startedにもあるとおり以下のコマンドを打ち込むだけ。Proxy がある環境ではもう少し設定が必要ですが、これについてもドキュメントに記載があるので従えばOKです。すべてのバイナリは /opt/csw/bin の下にインストールされるようです。

pkgadd -d http://get.opencsw.org/now /opt/csw/bin/pkgutil -U /opt/csw/bin/pkgutil -a rsync /opt/csw/bin/pkgutil -y -i rsync /opt/csw/bin/rsync

こんな感じで新しい rsync がインストールされていることが確認できました。

root@hoge:~# /opt/csw/bin/rsync --version rsync version 3.1.1 protocol version 31 root@wind:~# hoge --version rsync version 3.0.9 protocol version 30

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8198
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン