BLOGTIMES
2016/05/31

CentOS7 で nmcli を使って静的ルートを設定する

  centos7  networking 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS でスタティックルートを設定するには /etc/sysconfig/network-scripts/route-(if名) という設定ファイルを作る方法がありますが、CentOS 7 では nmcli という NetworkManager のコマンドラインツールを通して設定をすることもできます。nmcli を使っても結局は同じファイルができるだけなのですが、コマンドは打ち間違うとエラーができるのでうっかり設定ファイルを書き間違えてしまうという事態は防ぐことができます。

具体的な設定方法については RHEL7 ネットワークガイドの 2.3.3. nmcli を使った静的ルートの設定 に詳しく書かれています。

例えば 192.168.0.0/24 へのゲートウェイが 10.10.10.10 の場合には以下のようにします。

nmcli connection modify "(if名)" +ipv4.routes "192.168.0.0/24 10.10.10.10" nmcli connection reload

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8528
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン