BLOGTIMES
2010/12/25

CentOS / RHEL でスタティックルートを設定する

  centos  cli  networking  rhel 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Linuxでルーティングテーブルにエントリを追加したり、削除したりするにはrouteコマンドで下記のようにやればいいわけですが、この方法だとリブートするとルーティング情報が保存されないので、リブートするとルーティングテーブルが元に戻ってしまいます。普段リブートしないマシンをリブートして、うっかりこの問題にハマってしまったので、これを機にちゃんとしたスタティックルートのの設定方法を調べたのでメモ。

# route add -net 192.168.2.0/24 gw 192.168.1.1 # route del -net 192.168.2.0/24

設定方法についてはCentOSプロジェクトの「14.4.Configuring Static Routes」に書いてありました。下記のような設定ファイル(デバイス名は環境に応じて要変更)を作っておくと、下記の場合eth0がupになるときにルートが追加されるようになります。

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/route-eth0 GATEWAY0=192.168.1.1 NETMASK0=255.255.255.0 ADDRESS0=192.168.2.0 GATEWAY1=192.168.1.1 NETMASK1=255.255.255.0 ADDRESS1=192.168.3.0

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/3971
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン

    このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。