BLOGTIMES
2016/12/01

netsh を使って ip アドレス切り替え bat を作る

  Tips windows  networking  bat 
このエントリーをはてなブックマークに追加

linux では ifconfig (最近のディストリビューションでは ip )コマンドを使ってインターフェースの有効無効を切り替えたり、IP アドレスを変更することができます。これと同じようなことを Windows やる方法がないかと思って調べてみたところ、 netsh*1 を使うと Windows でコマンドラインからネットワーク設定を変更できることが分かったのでメモ。

以下のような感じでインターフェースに固定 IP, DNS, WINS の設定をすることができます。

:ifの有効無効切り替え netsh interface set interface "イーサネット" enable netsh interface set interface "Wi-Fi" disable :ipアドレス設定 netsh interface ip set address "イーサネット" static 192.168.0.10 255.255.255.0 192.168.0.254 :dns設定 netsh interface ip set dns "イーサネット" static 192.168.0.1 primary netsh interface ip add dns "イーサネット" 192.168.0.2 :wins設定 netsh interface ip set wins "イーサネット" static 192.168.0.1 netsh interface ip add wins "イーサネット" 192.168.0.2

"イーサネット" や "Wi-Fi" の部分は各自の環境(例えば "ローカルエリア接続" など)に読み替えてください。
また、これを bat ファイルとして実行したい場合には「管理者として実行」を行う必要があります。

設定を DHCP に戻したい場合は以下のコマンドが使えます。

:ifの有効無効切り替え netsh interface set interface "イーサネット" enable netsh interface set interface "Wi-Fi" enable :ipaddr netsh interface ip set address "イーサネット" dhcp :dns netsh interface ip set dns "イーサネット" dhcp :wins netsh interface ip set wins "イーサネット" dhcp

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8981
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン