BLOGTIMES
2016/06/12

CPU のサーマルグリスはどう塗ったらいいの?

  PCパーツ  cooling 
このエントリーをはてなブックマークに追加

AD-DA™ シルバーグリス Arctic Silver 5 業務用ビッグサイズ (12グラム)

自作 PC を作るとヒートシンクをつけるときに自分で CPU にサーマルグリスを塗る必要がありますが、その塗り方にもいろいろと流儀があって、厚塗り派ヘラで薄く伸ばす派中心に置いてヒートシンクで押し潰す派などいろいろなやり方があります。

ちなみに僕はテレカ(最近は献血カード)で薄くのばす派ですが、明日、サーバのCPU の換装をするので、グリスの塗り方について改めて調べてみました。

以下の DOS/V Power Report日経WinPC の記事によると、どちらもグリスのグレードや、中央に盛るだけかグリスを薄く伸ばすかといった塗り方よりも、適量であるかどうかが重要であるとの結論に至っています。グリスの固さ等を考えるならば、きちんと塗り広げた方がいいのでしょうが、十分な取り付け圧力があれば、それほど神経質になる必要もないみたいですね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8556
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン