BLOGTIMES
2017/01/06

フィッシング対策協議会がブラウザの SHA-1 打ち切りについて注意喚起

  Security phishing  ssl 
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィッシング対策協議会がブラウザの SHA-1 打ち切りについて注意喚起を行っていたのでメモ。

ブラウザの SHA-1 のサポート打ち切りへについては昨年から度々目にしました*1が、X デーが近づいてきたこともあり、実際のエラー画面にユーザーが遭遇する機会も今後増えてくるだろうと思います。HTTPS をサポートしているサーバ管理者はもう一度サーバの証明書の設定を確認しておいた方が良さそうです。

フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan | ニュース | 協議会からのお知らせ | 【注意喚起】 SHA-1 SSL / TLS サーバー証明書に対するエラーや警告表示について (2017/01/06)

2017 年以降 SHA-1 のサーバー証明書を利用する Web サイトは安全と見なされなくなり、Web サイトを閲覧した際に警告が表示されるようになります。警告によって Web サイトを閲覧、利用できないことはありませんが、安全ではないという指針であるため、ID、パスワードの入力や個人情報を入力する場合には注意が必要です。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9060
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン