BLOGTIMES
2017/04/23

電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた

  研究機関  科学技術週間  社会科見学  tokyo 
このエントリーをはてなブックマークに追加

電波無響室 - 電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた機上 SBAS 受信機は GARMIN 製 - 電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた
仙台空港の様子をモニタリング - 電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた建物の上にはレーダーが - 電子航法研究所の一般公開 2017 にいってきた

次にやってきたのは海上技術安全研究所の隣にある電子航法研究所。建物の上にはレーダーがぐるぐる回っていて、いかにもレーダーの研究してますよという外観をしています。

ここには電波無響室(電波暗室)があったり、ILS(計器着陸装置)や航法装置である SBAS(衛星航法補強システム)があったりと、航空機の運航にかかわるパイロットや航空管制官の支援を行う技術の開発が行われています。もちろんフライトシミュレータも設置されています。

ちなみに電子航法研究所には仙台空港に隣接した岩沼分室があり、仙台空港を使って様々な実験が行われいるとのこと。そんなものがあったとは全く知りませんでした。画面ではちょうど仙台空港をリアルタイムに映し出しながら、地上にいる航空機の位置を表示するシステムのデモが行われていました。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9297
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン