BLOGTIMES
2017/09/03

SoftEther を AES-NI を有効にしてビルドする

  softether 
このエントリーをはてなブックマークに追加

SoftEther の稼働状況をチェックしていたら、AES-NI*1 が有効化されていなかったので、先日のリージョンロック解除と合わせてビルドする方法を作ってみました。

ちょっと強引ですが、現状の 4.22 であれば以下の手順でビルドできます。
インストールは自体はバイナリ配布されているものを使って、あとでビルドした bin/vpnserver/vpnserver だけを差し替えるのが楽です。

# ダウンロード wget https://software.intel.com/sites/default/files/article/181731/intel-aesni-sample-library-v1.2.zip wget http://jp.softether-download.com/files/softether/v4.22-9634-beta-2016.11.27-tree/Source_Code/softether-src-v4.22-9634-beta.tar.gz wget https://raw.githubusercontent.com/el1n/OpenWRT-package-softether/master/softethervpn/patches/102-regionunlock.patch # 展開 tar zxvf softether-src-v4.22-9634-beta.tar.gz unzip intel-aesni-sample-library-v1.2.zip # intel_aes64.a のビルド、パッチ生成 cd Intel_AESNI_Sample_Library_v1.2/ ./mk_lnx64_all.sh cat << EOS > ../enable_aesni.patch --- Makefile.org 2017-09-03 18:17:32.081384466 +0900 +++ Makefile 2017-09-03 18:21:40.517256042 +0900 @@ -29,9 +29,9 @@ OPTIONS_LINK_DEBUG=-g -fsigned-char -m64 -lm -ldl -lrt -lpthread -lssl -lcrypto -lreadline -lncurses -lz -OPTIONS_COMPILE_RELEASE=-DNDEBUG -DVPN_SPEED -DUNIX -DUNIX_LINUX -DCPU_64 -D_REENTRANT -DREENTRANT -D_THREAD_SAFE -D_THREADSAFE -DTHREAD_SAFE -DTHREADSAFE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -I./src/ -I./src/Cedar/ -I./src/Mayaqua/ -O2 -fsigned-char -m64 +OPTIONS_COMPILE_RELEASE=-DUSE_INTEL_AESNI_LIBRARY -DNDEBUG -DVPN_SPEED -DUNIX -DUNIX_LINUX -DCPU_64 -D_REENTRANT -DREENTRANT -D_THREAD_SAFE -D_THREADSAFE -DTHREAD_SAFE -DTHREADSAFE -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -I./src/ -I./src/Cedar/ -I./src/Mayaqua/ -O2 -fsigned-char -m64 -OPTIONS_LINK_RELEASE=-O2 -fsigned-char -m64 -lm -ldl -lrt -lpthread -lssl -lcrypto -lreadline -lncurses -lz +OPTIONS_LINK_RELEASE=-O2 `pwd`/intel_aes_lib/lib/x64/intel_aes64.a -fsigned-char -m64 -lm -ldl -lrt -lpthread -lssl -lcrypto -lreadline -lncurses -lz INSTALL_BINDIR=/usr/bin/ INSTALL_VPNSERVER_DIR=/usr/vpnserver/ EOS # SoftEther へのパッチ当て、ビルド cd ../v4.22-9634/ patch -p1 < ../102-regionunlock.patch ./configure patch < ../enable_aesni.patch make

ちなみにそもそも自分の使っている CPU が AES-NI に対応しているかについては以下の手順で調べることができます。

参考


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9582
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン