BLOGTIMES
2017/10/17

ASUS Tinker Board を買ってみた

  tinkerboard 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ASUS Tinker Board ボード&ケースセット (Clear) - Physical Computing Lab

前々から気になっていた ASUS Tinker Board を購入してみました。
ラズパイと同じサイズで2倍の性能の SBCです。

ヒートシンクは標準添付

まだ使い込んでいないのでよく分かっていませんが、発熱の関係で CPU 用のヒートシンクが標準で同梱されています。

外部ポートの位置はラズパイと整合していますが、CPU やメモリなどの実装位置等は異なるので、高さがないケースだとヒートシンクがうまくつけられず、ケースを加工する必要が出てくるかもしれません。僕はサーバとしての運用を目論んでいるので、さらに冷却を良くするためにこのヒートシンク上にファンを増設し、ケースもそれに合せて穴を開けました。

OS は Debian ベースの TinkerOS

OS は Android や Debian ベースの TinkerOS が用意されていますが、今回はオーソドックスな TinkerOS をインストールしてみました。
イメージは イメージファイルで配布されているので、自分でダウンロードし、 microSD カードには DD for Windows などを使って書込む必要があります。

初期ユーザーの ID とパスワードは linaro / linaro です。
デフォルトで sshd が有効になっており、外部から上記の ID / パスワードでアクセス可能なところには注意が必要です。

初期設定は tinker-config で

手動でチマチマ初期設定を行う手もありますが、ラズパイの raspi-config とそっくりな mikerr/tinker-config を使うといろいろな初期設定が一撃で完了できます。

wget --no-check-certificate https://raw.githubusercontent.com/mikerr/tinker-config/master/tinker-config sudo sh tinker-config

ここまで来れば、あとは好きなソフトを入れるだけです。
僕の場合、最終的にはラズパイで構築した SoftEther サーバのリプレースに充てる予定です。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9700
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン