BLOGTIMES
2017/12/12

Samba の共有に Windows バックアップでイメージを取ることができない

  windows 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Samba で構築したサーバに Windows バックアップでシステム全体のバックアップを取ろうとすると、保存先のサーバによってバックアップが正常に完了するサーバとそうでないサーバがあることに気づいていたのですが、やっとその違いが分かったのでメモ。

この問題は結構メジャーな問題のようで、調べるとたくさん事例がでてきます。

調べてみていろいろ分かったこととしては Sparse File が有効になっているとバックアップができないということ。
これを回避するためには、以下のサイトで指摘されているとおり、smb.conf に strict allocate = yes という記述を加える必要があるようです。

このバージョンでは、このファイル形式のバージョンはサポートされません

NASをチェックして、ファイルはスパースファイルであるかどうか確認してください。スパースファイルである場合、それを修正できます。あるいは、それはスパースファイルを作成しないように、「strict allocate = yes」というスレッドを追加します。

Bug 6988 – Unable to use Windows Server Backup with Windows Server 2008 R2

You just need to add "strict allocate = yes" option to your Samba configuration.

古い NAS にバックアップが取れたりするのはそもそも Sparse File に対応していないからなんでしょうね。。。。。。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9818
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン