BLOGTIMES
2018/08/22

住民票の除票の保存期間が 5 年から 150 年に

  mic 
このエントリーをはてなブックマークに追加

総務省の「住民生活のグローバル化や家族形態の変化に対応する住民基本台帳制度等のあり方に関する研究会」で、住民票の除票の保存期間(現行は5年)を戸籍と同様の 150 年とし、住所履歴票という名前にするという報告がまとまったようなのでメモ。

こういうのもっとササッとすすめて欲しいと思うんですが、なかなか進みませんね。

住民生活のグローバル化や家族形態の変化に対応する住民基本台帳制度等のあり方に関する研究会, "住民生活のグローバル化や家族形態の変化に対応する住民基本台帳制度等のあり方に関する研究会最終報告," p.5, 平成30年8月.

(2)住所履歴票(仮称)の制度設計について
後述する住民票の除票の保存期間を戸籍と同様に 150 年とすれば、住所履歴の情報を必要とする個人がかつての居住地を順に回って住所をつなぐことは可能となるが、そのような負担を負わせることがないよう、住所履歴を取得できる帳票として住所履歴票(仮称)を作成することが考えられる。

参考


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10376
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン