BLOGTIMES
2018/12/05

CentOS 7 に MS SQLServer をインストールしてみる

  mssqlserver 
このエントリーをはてなブックマークに追加

PowerApps などを使っていると SQLServer があるといいのにと思う反面、Windows の運用環境はちょっと嫌だなーというのもあり、DB をどうしようか迷っていたのですが、SQLServer の Linux 版*1を導入すれば両方の懸案が一度に解決できることに気づいたので、早速試してみました。

インストールについては Linux 上の SQL Server のインストールのガイダンス が用意されているので、これに沿って進めていけば簡単にインストールできます。

CentOS 7 を使っている場合の具体的な手順は以下の通りです。
途中でエディションを設定する場面がありますが、無償なのは Express と Developer(開発用途のみ)なので注意しましょう。

# インストール curl -o /etc/yum.repos.d/mssql-server.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/mssql-server-2017.repo sudo curl -o /etc/yum.repos.d/msprod.repo https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo yum remove unixODBC-utf16 unixODBC-utf16-devel yum install -y mssql-server mssql-tools unixODBC-devel # 初期設定(エディションの選択、SAのパスワード設定など) /opt/mssql/bin/mssql-conf setup # daemon のステータスの確認 systemctl status mssql-server # firewalld の設定 sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=1433/tcp --permanent sudo firewall-cmd --reload # PATHにsqlcmdを追加 echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bash_profile echo 'export PATH="$PATH:/opt/mssql-tools/bin"' >> ~/.bashrc source ~/.bashrc

管理はコマンドラインよりも使い慣れた Windows の GUI フロントエンドである SQL Server Management Studio (SSMS) を使った方が楽ですかね。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10622
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン