BLOGTIMES
2018/12/23

firewalld でポートフォワード

  centos7  firewalld 
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、iptables を使ったポートフォワードを設定しましたが、今日は CentOS 7 の firewalld を使って同じ設定にチャレンジします。

マニュアルだと以下の部分に解説があります。

例えばローカルの 514/udp → 5140/udp に転送する場合の設定は以下のような感じになります。

# firewall-cmd --add-forward-port=port=514:proto=udp:toport=5140 --permanent success # firewall-cmd --reload success # firewall-cmd --list-all public (active) target: default icmp-block-inversion: no interfaces: ens192 sources: services: ssh dhcpv6-client ports: protocols: masquerade: no forward-ports: port=514:proto=udp:toport=5140:toaddr= source-ports: icmp-blocks: rich rules:

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10658
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン