BLOGTIMES
2019/01/20

Linux で OneDrive を使う

  cloudstorage  dlang 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Linux 上のディレクトリを OneDrive で同期できないかと思って調べてみたら、abraunegg/onedrive: Free Client for OneDrive on Linux を使えばいけそうだということが分かったので、セットアップ方法をメモ。

必要なものに Digital Mars D compilers というのが入っているので何なのかなと思ったら、D 言語の処理系でした。
D 言語はいまいちメジャーになりきれなかった言語というイメージですが、何はともあれ D 言語で書かれたソフトウェアを利用するのは始めてです。

インストール

まずは、ビルドに必要となるライブラリやツール類をインストールします。

yum groupinstall -y 'Development Tools' yum install -y libnotify-devel yum install -y libcurl-devel yum install -y sqlite-devel curl -fsS https://dlang.org/install.sh | bash -s dmd

環境がきちんと整っていれば、onedrive のコマンド自体は簡単にビルドできます。

git clone https://github.com/abraunegg/onedrive.git cd onedrive make sudo make install

セットアップ

セットアップは設定ファイルをコピーし、onedrive コマンドを実行することで行います。
途中でブラウザを使う必要があるので、運用はコマンドラインだけで行うつもりであっても、セットアップ時の時だけは何らかの GUI 環境が必要になります。

mkdir -p ~/.config/onedrive cp ./config ~/.config/onedrive/config onedrive # これを実行すると認証用のURLが表示されるので、ブラウザにコピペしてマイクロソフトアカウントにログインする。 # ログイン後にブラウザが真っ白な画面になるので、そのときのURLをターミナルにコピペする。 systemctl --user enable onedrive systemctl --user start onedrive

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10715
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン