BLOGTIMES
2019/10/18

RDP のプロトコルを TCP だけに変更する

  windows10 
このエントリーをはてなブックマークに追加

RDP トランスポート プロトコルの選択 - RDP のプロトコルを TCP だけに変更する

Windows のリモートデスクトップ(RDP)もいつの間にか UDP が標準になっていたようですが、環境によっては UDP だと接続が切れたり、接続までに時間がかかったりすることがありますが、そんなときには強制的に TCP を使うようにして回避するという手があります。

ちょっとわかり辛いのですが、具体的な手順としてはgpedit.msc (ローカルグループポリシーエディタ)を起動し、「ローカルコンピューターポリシー」 → 「コンピューターの構成」 → 「管理用テンプレート」 → 「Windows コンポーネント」 → 「リモート デスクトップ サービス」→「リモート デスクトップ セッション ホスト」→「接続」→「RDP トランスポート プロトコルの選択」を開き、設定をTCP のみにしてやれば OK です。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11293
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン