BLOGTIMES
2020/10/13

ファイブアイズと日印が E2EE にバックドアを求める声明

  secrecyofcommunications 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイブアイズと日印が E2EE(エンドツーエンド暗号化) にバックドアを求める声明を出したようなのでメモ。
法執行機関が暗号通信にアクセスできるようにというのは事実上の検閲なので、これができるようになってしまうと中国と五十歩百歩ということになります。

日本など7カ国、暗号化された通信へのバックドアをIT企業に要請 - ZDNet Japan

機密情報を共有する5カ国協定、いわゆる「ファイブアイズ」の参加国(米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)が、日本およびインドの政府代表と連名で声明を発表した。テクノロジー企業に向けて、エンドツーエンドの暗号化された通信に法執行機関がアクセスすることを可能にする解決策の開発を要請している。

ちなみに原文は各国で以下のように公開されているようですが、日豪印についてはどこにあるか分かりませんでした。
加えて日印の2ヶ国については、文章には国名だけが記載されていて、署名者が誰か書かれていないちょっと怪しい文章になっています。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12041
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン