BLOGTIMES
2021/04/01

今年のチューリング賞がエイホ、ウルマン両先生に

  softwareengineering 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンパイラ―原理・技法・ツール (Information & Computing)

今年のチューリング賞*1はAlfred Aho, Jeffrey Ullman の両先生に決まったようです。

大学の情報系学科できちんと講義を聴いていれば、この2人の先生の名前は一度は耳にしているはずです。
僕はコンパイラの時に習った、レジスタの割り付けのアルゴリズム(セシィ・ウルマン法)で覚えています。

チューリング賞、コンパイラ技術の開発に貢献した研究者2人に - CNET Japan

コンパイラと呼ばれる重要なソフトウェア開発ツールがなければ、コンピューターを制御するために、人間には理解が難しい機械語の世界まで降りていく必要が生じていたことだろう。この功績を称えて、高い権威を誇るチューリング賞の2020年の受賞者に、コンパイラの開発に貢献したAlfred Aho氏とJeffrey Ullman氏が選ばれた。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12384
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン