BLOGTIMES
2021/08/09

MΩは「メグオーム」 or「 メガオーム」

  言葉  electricpower 
このエントリーをはてなブックマークに追加

MΩ - MΩは「メグオーム」 or「 メガオーム」

昨日もらった東電パワーグリッドの点検結果に書かれていた「MΩ(メグオーム)」というのが気になった(点検員の人もメグオームと言ってたので)のでちょっと調べてみました。

僕自身はずっとメガオームと読んでいたので、この歳になって単位の読み間違えは痛いなぁと思ったのですが、調べててみたらそんな単純な問題ではないようです。

どっちでもよさそう?

昨日の電気設備に関する技術基準を定める省令でもメガオームって書いてあったので、いろいろとツッコミ所はありますがWikipedia のオームのエントリは、「NIST Guide to the SI, Chapter 9: Rules and Style Conventions for Spelling Unit Names | NIST」ではメグオームキルオームヘクタールの3つは例外ということになっています。

確かにヘクタールヘクトアールと言うことはないですね。ちなみにこれらはあくまでアメリカの標準です。法令はメガオームみたいですし、このあたりあまり統一されていないのかもしれません。アキバで「1キルオームの抵抗ください」というのは通じたりするんですかね。

ちなみにこの文献で引用されている Reference [6] は "IEEE/ASTM SI 10-2002 - IEEE/ASTM Standard for Use of the International System of Units (SI): The Modern Metric System" であり、その後継にあたる現時点で最新の規格である " IEEE/ASTM SI 10-2016 - American National Standard for Metric Practice" においても以下の記述が健在であることが確認できました。

" IEEE/ASTM SI 10-2016 - American National Standard for Metric Practice", p.29.

3.5.2 Rules for writing unit names
(中略)
In three cases, the final vowel in the prefix is omitted: "megohm," "kilohm," and "hectare." In all other cases
where the unit name begins with a vowel, both vowels are retained and both are pronounced.

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12649
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン