BLOGTIMES
2010/07/23

CentOS で SJIS を使うには

  centos  rhel 
このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS には SJIS のロケールが標準では含まれていないので LANG を ja_JP.sjis にしても SJIS を表示させることができません。
今回は CentOS 上で SJIS のファイルを編集する必要があったので、SJIS のロケールを CentOS に追加してみました。

以前にFedora Core 3の時にロケールを追加した手順と同じ方法で大丈夫なようです。
警告が出ますが、これは以前にも出ていたはずなので特に問題ありません。

# localedef -i ja_JP -c -f SHIFT_JIS /usr/lib/locale/ja_JP.sjis キャラクタマップ `SHIFT_JIS' は ASCII 互換ではありません, ロケールは ISO C に従っていません

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/3686
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン