BLOGTIMES
2011/09/25

Office IME を削除する

  windowsxp  windows7  inputmethod 
このエントリーをはてなブックマークに追加

テキストサービスと入力言語 - Office IME を削除するテキストサービスと入力言語 - Office IME を削除する

普段、漢字変換は ATOK を使っていて、MS の IME はいらないので、不用意に切り替わらないようにテキストサービスと入力言語から削除しています。

やり方はWindows7 だと「コントロールパネル」→「地域と言語」を開き、「キーボードと言語」のタブにある「キーボードの変更」ボタンを押すと、「テキストサービスと入力言語」というポップアップが現れるので、リストの中にある不要なものを削除すればOK。最後の1つは削除できないようになっています。ちなみに、WindowsXP の場合は名前が微妙に違っていて、「コントロールパネル」→「地域と言語オプション」を開き、「言語」のタブにある「詳細」ボタンをクリックすることになります。

さらにこの画面では、IMEを切り換えるキーボードショートカットが設定できるようになっているので、Ctrl + Shift でIMEを切り換えるという動作を切ることもできます。

ただ、この方法にも問題はあって、Windows Update で Office のパッチがあたると、テキストサービスと入力言語の設定が基に戻ってしまうことがあります。これにしばらく気づかずに使っていて、なんか変換がバカでイライラするなと思ったら Office IME だった、ということが何度もあるので、そろそろ根本的に Office IME がインストールされないようにする方法を探したいところです。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/4471
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン