BLOGTIMES
2011/09/26

Linux に一撃で Trac をインストールする

  trac 
このエントリーをはてなブックマークに追加

何も考えずにとりあえず Trac が使いたいというときにはサーバが Windows であれば Trac Lightningが便利ですが、Linux の場合にはそうもいきません。なにかうまい方法はないかなと思って探してみたら、Trac Lightningと同じ作者がKanonというプロジェクトを始めているのを見つけました。

Kanon LAB: Top

Kanonは、プロジェクト管理のための総合ソリューションです。チケット(Trac)、バージョン管理(Git,Subversion,Mercurial,Bazaar)、CI(Jenkins)の3つの機能を統合して提供しています。

今回は RHELクローンのScientific Linux 6.1を新規にインストールしてその上にインストールしてみました。以下、インストールメモ。

インストール手順

Trac Lightningと同じく充実したインストーラーがついているので、こんな感じでhgを使ってダウンロード&インストールすることができます。

# yum install mercurial # mkdir /opt/setup # cd /opt/setup # hg clone http://kanon.ultimania.org/hg/KanonConductor/ # cd KanonConductor # ./kanon-setup # /etc/init.d/httpd start

あとはブラウザで http://(serverのip)/trac/ を開けば起動しているのが確認できるはずなのですが、残念ながら500エラーが出てしまいました。

[Mon Sep 26 17:18:29 2011] [error] [client 192.168.0.2] (13)Permission denied: mod_wsgi (pid=1231): Unable to connect to WSGI daemon process 'kanon' on '/etc/httpd/logs/wsgi.1195.0.1.sock' after multiple attempts.

エラーログには上記のようなエラーが出ていたので、「#32 (タイムラインの読み込みが遅い?) – kanon」を参考に /etc/httpd/conf.d/kanon.conf に下記の1行を追加することで、エラーが出ないようにすることができました。

WSGISocketPrefix run/httpd.wsgi

これだと、日本語化とかPythonのバージョンとか細かいこと気にしなくて良いので楽ちんです。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/4472
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン