BLOGTIMES
2013/04/19

クロネコヤマト、送り状番号が分かれば配達日が指定できるサービス開始

  delivery 
このエントリーをはてなブックマークに追加

クロネコが新しい配達日指定サービスを始めるようなのでメモ。

ニュース - ヤマト運輸、荷物受け取り前に配達日時を変更可能に:ITpro

従来は(1)荷物の発送者(通販業者)側が配達時間を指定する、(2)受取人が不在連絡票や不在確認メールを受け取って再配達時間を指定する、(3)事前に配達日時を通知する「お届け予定eメール」を受け取った人が配達時間を変更する---の3パターンだった。新サービスでは受取人が送り状番号を受け取り、荷物が発送になった段階から配達時間の変更が可能になる。

ちょっとわかりにくいのですが、クロネコには元々お届け予定eメール*1というサービスがあって、宅急便が届く前日にメールが来るので、そのメールから受け取り時間等を変更することができました

ところが、このサービスにはちょっとした落とし穴があり、差出人側がこのサービスに対応していないとお届け予定eメールが来ないのです。対応していない(お届け予定eメールが来ない)場合には、不在票が入ってから再配達を依頼するしか方法がありませんでした。今回のサービスはお届け予定eメールに対応していない場合であっても、送り状番号が分かれば事前にお届け日を指定できるということのようです。

お届け予定eメールに対応しているかしていないかは、通販の注文時には分からないことが多いので、荷物が届く際にそれがちょっとしたイライラの原因になっていました。クロネコヤマトがそれに気づいて改良してきたというのは素晴らしいですね。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5747
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン