BLOGTIMES
2013/08/13

海保と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮の工作船

  kanagawa  新港ふ頭  社会科見学  jcg 
このエントリーをはてなブックマークに追加

工作船展示館 - 海保と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮の工作船正式名称は「海上保安資料館横浜館」 - 海保と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮の工作船
船首の弾痕 - 海保と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮の工作船ナショナルの受信機 - 海保と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮の工作船
工作船の後部格納庫扉 - 海保と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮の工作船格納庫内部 - 海保と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮の工作船
工作船上部 - 海保と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮の工作船格納庫内にあった小型艇 - 海保と銃撃戦を繰り広げた北朝鮮の工作船

時刻が昼をまわって暑くなってきたので、ちょっと桜木町に移動して、以前からちょっと立ち寄ってみたかった赤レンガ倉庫近くにある工作船展示館(海上保安資料館横浜館)*1へ。写真撮影は他の見学者を撮らなければ船体や展示パネルを含めて問題ないとのことでした。

平成13年12月22日に発生した、九州南西海域工作船事件で海保の巡視船と銃撃戦をくりひろげた末に自沈した北朝鮮の工作船や、船内に備えられていた武器等が展示されています。

テレビで巡視船が船体に向けて発砲をするシーンはとても印象的でしたが、そのときの弾痕が船体の前部と後部にくっきりと残っています。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6043
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン