BLOGTIMES
2015/10/25

梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)

  jsdf  ibaraki  百里基地  航空祭  UH-60  U-125 
このエントリーをはてなブックマークに追加

U-125A 離陸準備 - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)U-125A は50周年記念ペイント - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)
放出口から救難キットを投下するU-125A - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)地面に落ちる救難キット(担架など) - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)
UH-16 離陸準備 - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)UH-60 からパラグライダーで降下する隊員 - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)
パラグライダーで地面に着地 - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)ワイヤーを下ろす UH-60 - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)
遭難者のつり上げを準備する UH-60 とその周りを旋回する U-125A - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)担架で遭難者を UH-60に収容 - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)
続いて UH-60 に隊員も収容 - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)着陸した U-125A - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)
百里救難隊の隊員さん - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)UH-60 の点検 - 梅組最後の百里基地航空祭 2015(捜索救難展示編)

航過飛行の後は百里救難隊による捜索救難展示編。固定翼機の U-125A が捜索、回転翼機の UH-60 が救難と2機種のコンビネーション*1で空からの捜索救難活動を行う様子が披露されました。

まずは U-125A

最初に捜索機 U-125A が遭難者を見つけるために空中を旋回。この U-125A には50周年記念のロゴが入っていました。

U-125A は遭難者を見つけると、遭難者の位置に向かって救難キットを投下します。肉眼では遠くてよく分からなかったのですが、写真には投下の様子がしっかりと写ってくれていました。この救難キットには遭難者を収容するためのストレッチャー的なものが入っているようです。

UH-60 からはパラシュート降下

遭難者を引き上げる隊員2人はヘリからロープ降下する訳ではなく、上空からパラシュート降下してきます。ちょっと風が強かったのですが、そのあたりは見事なコントロールで無事、目標地点に着地。その間に UH-60 は高度を落として目標地点の上空で待機。しばらくするとヘリからワイヤーが降りてきて、1回目は遭難者と1人目の隊員が引き上げられます。2人目の隊員は地上でバックアップをしているようです。収容が終わると、再びワイヤーが降りてきて2人目の隊員も無事機上へ。

このあたりの段取りは先日の海保の救難訓練と同じような感じですね。

着陸後は機体の点検整備

陣取った位置が UH-60 の近くだったので、着陸後に機体を整備している様子も間近で見ることができました。外板は意外と簡単に外すことができるということがよく分かりました。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7993
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン