BLOGTIMES
2005/01/05

ライトノベルってジャンルがあるのね

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

年末から年始にかけては、その年の総決算をするサイトやら本やらがワンサカなわけですが、僕はミステリが好きなので、必ず「このミステリがすごい」「本格ミステリベスト10」は必ず眼を通すのですが、そこに見慣れない本がありまして。
ええ、「このライトノベルがすごい(2005年度版)」と言う奴でして。

このミステリーがすごい!2005年版本格ミステリ・ベスト10 (2005)このライトノベルがすごい!2005

まぁそもそも、ミステリと本格ミステリの定義はあいまいで(こんなことを言うと好きな人からは総すかんを食らうけど)、分かりやすく言うと、バトルロワイヤルはこのミスにはランクインしても本格の方にはランクインしない、って感じです。

で、最近はミステリとライトノベルの境界線もあやふやになりつつあります。
講談社ノベルスって、それはもう綾辻行人から京極夏彦、森博嗣、最近だと舞城王太郎あたりまでミステリと言えばここ、っていう出版社の新作でも可愛いイラストが付いてることもしばしば。(つまり僕はミステリとライトノベルの境界線を挿絵があるか否かと想定しているわけで)

まぁつまり、否定するのは簡単だけど読んでみると結局面白かったりするから食わず嫌いは良くないよ、っていうお話です。

ちなみに去年は読んだのは大体ランクインしてたけど、そこまで満足は出来なかったです。作者の力によるランクインかな、と。今年はもっと本を読みます。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/606
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン