BLOGTIMES
2015/09/11

TSA ロックの情報が3Dデータで流出

  antitheft  3d 
このエントリーをはてなブックマークに追加

モンベル(mont‐bell) TSA ダイヤルロック シルバー SV

海外旅行用のバックには空港の保安検査官が専用のマスターキーを使って開けることができるような仕掛けになっている TSA ロック*1がついていることが多いと思いますが、このマスターキーの 3D データが GitHub で公開されているということで大騒ぎになっているようです。

写真や映像での流出ということであればそこから素人が鍵を作成するのは容易ではありませんが、3Dデータであれば3Dプリンタがあれば誰でもマスターキーが作れてしまうわけで、これは大きな問題ですね。GitHub を探すと該当のページはすぐに見つかりましたが、問題があるので URL は掲載しないことにします。

【注意】スーツケースなどに使われる「TSAロック」のマスターキー情報が流出 誰でも“合鍵”作成可能な状態に - ねとらぼ

空港などでの荷物検査をスムーズに行うため、TSAロックには、どんなカギも解錠できる「マスターキー」が存在します。ところが昨年、このマスターキーの画像がニュースサイトの記事にうっかり掲載されてしまうアクシデントが発生(記事はすでに削除済み)。その後、画像を解析した一部のユーザーが3Dデータを作成し、今回の公開に至ったようです。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7890
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン