BLOGTIMES
2016/03/01

浄水カートリッジを自動発注するピッチャー

  amazon  smartdevice 
このエントリーをはてなブックマークに追加

米アマゾンが販売を始めた Brita の浄水ピッチャーが話題になっていたのでメモ。
なんの変哲もないピッチャーに見えますが、実はWiFi に対応していて、カートリッジの寿命が近づくと Amazon に自動発注してくれるという IoT 時代のハイテクピッチャーです。スマートピッチャー*1とでも呼べば良いんでしょうか。

自分でカートリッジを発注する浄水ポット、Amazon.comで45ドルで発売 - ITmedia ニュース

ピッチャーを購入したらBrita.com/infinityにユーザー登録し、家庭内Wi-Fi経由でAmazon Dash ReplenishmentにAmazonアカウントで接続する。これだけで、ピッチャーで40ガロン(約151リットル)の水を浄水すると、Amazon.comに新しいフィルターが自動的に発注される。
  • *1: 「 Brita's first smart, Wi-Fi-enabled pitcher」と書いてあります。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8310
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン