BLOGTIMES
2016/06/08

113番元素は nihonium (Nh) に

  riken 
このエントリーをはてなブックマークに追加

理研が命名権を得た 113 番元素ですが、ニホニウム(nihonium, Nh) とすることが決まったようです。

IUPAC のサイトにあるニホニウムの説明は以下のとおり。名前の由来のほか、アジア初の元素であること、1908 年に小川正孝が発見したと発表していましたが、その後幻となってしまった43番元素 ニッポニウム*1のエピソードや、2011 年の福島第一原発事故で失われた信頼の話と共に解説されています。

IUPAC is naming the four new elements nihonium, moscovium, tennessine, and oganesson - IUPAC | International Union of Pure and Applied Chemistry

For the element with atomic number 113 the discoverers at RIKEN Nishina Center for Accelerator-Based Science (Japan) proposed the name nihonium and the symbol Nh. Nihon is one of the two ways to say “Japan” in Japanese, and literally mean “the Land of Rising Sun”. The name is proposed to make a direct connection to the nation where the element was discovered. Element 113 is the first element to have been discovered in an Asian country. While presenting this proposal, the team headed by Professor Kosuke Morita pays homage to the trailblazing work by Masataka Ogawa done in 1908 surrounding the discovery of element 43. The team also hopes that pride and faith in science will displace the lost trust of those who suffered from the 2011 Fukushima nuclear disaster.
  • *1: 現在の周期表では43番元素はテクネチウム(Tc)

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8544
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン