BLOGTIMES
2017/05/14

AWG と DAC ケーブルの太さ

  Tips networking  10GbE 
このエントリーをはてなブックマークに追加

SFP-H10GB-CU1M=

10GbE 用の SFP+ DAC ケーブルには、メーカー等によって径が太いものと細い物があります

太い物はケーブルがかなり固いので、設置場所によってはちょっと取り回しが大変だったりします。このケーブルの太さの違いがどこから来るのか実はこれまでよく分かっていませんでしたが、互換 DAC ケーブルを買おうとしたら、AWG という項目があり、それが 2 種類から選べるようになっていたので、その謎がやっと解けました。

結論としては内部の銅線の太さが違います。この AWG というのは American Wire Gauge という米国の規格で*1*2、線の太さを規定しています。ゲージは 0000(ø11.68mm) ~ 36(ø0.1270mm) まであり、数字が大きくなるほど線は細くなります。ちなみに注射針もゲージという単位なので、何か関係してるのかなと思ったら、こちらは BWG (Birmingham Wire Gage) という別の規格でした。

ケーブリング時に気をつけなければいけないこととしては、 AWG ごとにちゃんと最小許容曲げ半径が決まっている*3ことでしょうか。

AWG Cable SizeSustained Bend Radius
241.5 inches (38 mm)
261.3 inches (33 mm)
281.0 inches (25 mm)
300.9 inches (23 mm)


光ケーブルについては気をつけていましたが、DAC ケーブルはあまり気をつけていませんでした。あらためて Juniper の SFP+ DAC ケーブルのドキュメント*4を見てみると、Wire AWG や Minimum cable bend radius(最小許容曲げ半径) という項目がありますね。しかも、ケーブルの種類( Active/Passive )や長さによって AWG も様々な設定がされていることが分かります。

DAC ケーブルはトランシーバーからケーブルが取り外せないので、トランシーバーとケーブルの組み合わせを間違える*5*6ことはありませんが、メーカーが設計するときに、いろいろ計算されているんですね。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9339
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン