BLOGTIMES
2017/10/15

筐体がヒートシンクになる Raspberry Pi 用ケース

  raspberrypi  cooling 
このエントリーをはてなブックマークに追加

SupTronics® Raspberry Pi 3 Model B 2 B / B+用ケース ウルトラスリム アルミ製ヒートシンク搭載 吸熱構造

ラズパイ向けに筐体をヒートシンクのようにして放熱することができる金属製のケースを見つけたのでメモ。

ラズパイ用のケースは放熱に難があるものが多く、そのままの状態で定常運用しようとすると動作が不安定になるため、ファンを使って工夫する必要があったわけすが、それをしなくて良くなるのはいいですね。ファンは放熱に劇的な効果があるのですが、消費電力的にも、騒音的にも、可動部を持つため故障という意味でもベストなソリューションではありませんでした。

見た目は金属製でしっかりとしたデザイン。
特にファンの音が出ると困るような場所に置くにはいいかもしれません。
難点は価格が高いことですが、とりあえず運用テストのために1つ買って試してみたいと思います。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9690
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン