BLOGTIMES
2017/10/16

WPA2 の脆弱性(KRACKs)で大騒ぎ

  networking 
このエントリーをはてなブックマークに追加

WPA2 の広範な実装に影響がある脆弱性が見つかったようです。
この脆弱性について Wi-Fi アライアンスはパッチで対応可能と言っているようなので、これから続々リリースされると思われる Wi-Fi 機器のファームウェアアップデートを忘れずに適用する必要がありますね。

KRACKs に関するオリジナルのサイトと、ACM Conference on Computer and Communications Security (CCS 2017)で発表された論文の現行は以下から読むことができます。

今のところ、詳細が良くまとまっているのは以下のサイトでしょうか。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9697
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン