BLOGTIMES
2017/12/06

Classic Shell の開発が終了

  eol  windows8  windows10 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 8 がリリースされた時に「スタートメニューがなくて使いにくい!」という騒ぎがおきたわけですが、その時の逃げ道として大活躍したユーティリティ Classic Shell の開発終了がアナウンスされました*1。昨年はクラッキング被害にあったりと開発体制もちょっと安定していないような感じでしたが、こういうことの前触れだったのかもしれません。

「Classic Shell」プロジェクトが開発終了を発表、オープンソース化 | OSDN Magazine

Classic Shellは2009年にIvo Beltchev氏が余暇を利用したプロジェクトとして開始したもの。現在ではプロジェクトの貢献者も増え利用者も多かったが、時間が取れなくなったこと、Windows 10のアップデートが頻繁に行われ、それに対応させるためのメンテナンスに時間がかかること、Microsoftが公開するWindowsの最新版がかつてのWin32プログラミグモデルから乖離して来たことの3つを理由に、プロジェクトを打ち切ることにしたという。8月に公開したバージョン4.3.1が最終版となる。

ソースコードは MIT ライセンスとなり、すでに GitHub で公開されています

僕も Windows 10 でスタートメニュー的なものが復活するまではお世話になりました


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9805
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン