BLOGTIMES
2018/01/15

阪大の教授がセンター試験の監督中に居眠りで訓告に

  undergraduate 
このエントリーをはてなブックマークに追加

この週末はセンター試験だったので、大学の教職員は週末がなかった人も多かったと思います。
無事に終わったところが大半だと思いますが、阪大で監督者が居眠りし、それによる苦情があったことがニュースになっていたのでメモ。

センター試験に限らず入試の監督要領の注意事項には「居眠り等に注意してください」的な事が書いてあるんですが、正直小学生ではないのでバカにしているな・・・と思っていたのですが、実際にこういう事例があるんですね。

大阪大学教員の大学入試センター試験における監督者としての不適切な行為に係る処分について

平成30年1月13日(土)に実施された大学入試センター試験(第1日目)の豊中キャンパス内の試験場において、試験室の監督者7名中の1人である本学教授(40歳代)が2時間目の「国語」の試験の際に居眠りをし、数回いびきをかき、一時的にせよ監督者としての責務を果たせなかった。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9909
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン