BLOGTIMES
2018/01/16

国立大学教員の給料は?

  income  ranking 
このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋経済が国立大学教員の年収ランキングを出していたのでメモ。

一般的な会社員に比べたら高いのかもしれませんが、つくづく大変な割には安い職業だと思います。教授の平均で1188万円なので、これを考えたら大手の SIer でエンジニアをやっている方が給料的には高くて、肉体的にも楽だと思います。

私立は平均で国立より2~3割は高いかなとは思いますが、給与体系が公開されていないことも多くそれこそピンキリでです。ちなみに僕はまだエンジニアを辞めた 10 年前の給与水準に到達していません

全国立大学「職員・教員の年収」ランキング | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大学教員はポストや年齢によって収入が異なる。教授、准教授、講師、助教、助手などのポストによって大きく異なるほか、同じ位であっても収入差が大きい場合もある。目安として、最も大学教員の人数が多い東京大学でみると、教授の平均は1188万円、助手の平均は754万円と差がある。さまざまなポストの職員を多く抱える総合大学は低めになる。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9912
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン