BLOGTIMES
2018/04/04

Seagate の HDD を RMA で交換してみた

  seagate 
このエントリーをはてなブックマークに追加

RMA のステータス - Seagate の HDD を RMA で交換してみた

Seagate の HDD ST8000AS0002 が故障してしまったので RMA(Return Merchandise Authorization) を利用して交換してもらいました。

HDD は代理店の保証が切れていても、メーカーの RMA の保証期間内であれば無償で交換(ただし、送料は自己負担)してもらえます。今回の ST8000AS0002 の RMA の期間は 3 年間。今回はギリギリでしたが、なんとか保証期間内でした。

Seagate 製品の RMA の確認

Seagate の製品の場合には「保証および交換 | Seagate」にシリアル番号などを打ち込めば保証対象かどうか確認することができます。

製品を交換してもらうには

比較的最近の製品であれば RMA のページに表示されるケミックに連絡すると代品を送ってくれます。こちらは全て日本語で対応してもらえるので楽です。

Seagate に直接申し込むと、千葉にある UPS の配送センターに故障品を送るように指示されます。
宛先が以下のような英語になっていますが、宛名ラベルは日本語で書く方が楽だと思います。

UPS Suppy Chain solution(Japan),Co.,Ltd Shiroi Distribution Center 322 Aza Uchiyama,Nauchi Shiroi City Chiba Japan 270-1407

270-1407 千葉県白井市名内字内山322 白井 ディストリビューションセンター UPS サプライチェーン ソリューション・ ジャパン(株) 0120-993-280

送付時の注意

品名のところに RMA 番号を書かないと受理されなかったりするので注意しましょう。
あと、注意なのは梱包方法で、適当な送り方をしてしまうと受理されません

このあたりも以下のページできちんと確認しておきましょう。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10088
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン